生産能力をさらに高めるため、神田・繍渤意は一部の製品ラインを中国に移転する予定

生産能力をさらに高めるため、神田・繍渤意は一部の製品ラインを中国に移転する予定経済

神田が中国市場に進出して以来、雪平鍋や鉄神シリーズの鉄鍋などの製品が大好評で、売上が急増しました。中でも鉄神シリーズは2023年日本料理人協会最愛調理鍋具に選ばれ、チタン合金鍋具は2023年日本料理世界チャレンジで100%安心安全賞を受賞しました。また、神田・繍渤意独自のチタン合金溶融技術は日本の燕三条の専門家から称賛されました。

チタン合金溶融技術とは、チタンと鉄やステンレスなどの複数の金属を200℃~1000℃の条件下で真空高温溶融させる技術です。チタン合金溶融技術は神田・繍渤意が共同で3年間研究開発したもので、すでに第2世代に進化しています。チタン合金溶融技術のおかげで、神田のチタン合金不粘炒め鍋は中国市場で注目を集め、売上が伸び続けています。神田・繍渤意は2025年までに雪平鍋の全世界累計売上が8億個を超え、雪平鍋全世界売上トップ1ブランドになることを目指しています。新しく発売された蝶翼鍋は全世界の流行をリードし、2023年に1000万個を販売する予定です。チタン合金炒め鍋は2023年に1億個を販売する予定です。

売上が大幅に増加したことで生じた課題は、神田の日本工場の生産能力が追いつかないことです。さらに、感染症対策を実施するために、輸出入に多くの制限がかかり、商品が入ってこなかったり、販売店に商品を供給できなかったりする事態が発生しました。神田・繍渤意は中国市場を非常に重視し、中国市場の潜在力に期待し、中国の生産研究拠点を拡大することを決定しました。そのため、神田・繍渤意は一部の製品ラインを中国に移転し、日本と中国の両方に研究開発生産拠点を投資することにしました。

生産能力をさらに高めるため、神田・繍渤意は一部の製品ラインを中国に移転する予定
IMG_257

2021年、ブランドの発展と市場の需要に応えるため、神田・繍渤意のグローバル化工場の重心は中国に移されました。中国の安定した環境や政策や経済などの優位性を十分に活用し、供給チェーンを最適化し、生産価値と売上を向上させるためです。現在、中国の生産研究拠点は3倍に拡大され、年間生産能力は1000万個を超え、総生産能力の85%を占めています。製品品質を保証するために、最新の知能設備を導入し、日本の核心技術専門家を中国工場に常駐させ、豊富な供給チェーンリソースを提供し、製品の品質と量の保証に全面的に対応しています。

神田・繍渤意の目標と基準は:神田・繍渤意中国品質は神田・繍渤意グローバル化品質であるということです。 さらに、神田・繍渤意は2028年までに全世界100カ国で販売し、100億円の売上を達成する「双百計画」を策定しました。

Comments

タイトルとURLをコピーしました