Vengard Mining、ビットコイン半減期に向けた戦略的拡張と将来のロードマップを発表

Vengard Mining、ビットコイン半減期に向けた戦略的拡張と将来のロードマップを発表 経済

東京、日本 – [19.05] – 世界の暗号通貨マイニング業界をリードするVengard Miningは、過去一年間の戦略的拡張と顕著な成果について、そしてビットコインの次回半減期を前にした今後のロードマップの概要をお知らせいたします。

昨年、Vengard Miningは中国国境沿いの施設に最先端のM56S&M56S++マイニングマシン224台を配備し、毎日平均0.1BTCの安定した生産を達成しました。この成果は、我々が最新技術を駆使して半減期を見据えた取り組みに取り組んでいることを示しています。

Vengard Mining、ビットコイン半減期に向けた戦略的拡張と将来のロードマップを発表
Vengard MiningのマイニングファームはUAE地域、アジア地域、アフリカにあります

さらに、中東で20MWの発電所の建設を開始し、1,000台のS19K Proマイナーを統合して運用能力を大幅に向上させました。これに加え、さらに2,000台のT21マイナーの導入を予定しており、サイトと変圧器の建設には150万米ドル、さらに新しいマシンに1000万米ドルを投資し、前例のない成長期を迎えています。

戦略計画段階では、オマーンやアブダビなどの戦略的な場所で40-50MWのサイトの開発計画を策定しました。12月には、ピーク時のマイニング収益に参加し、15億1000万ドルを達成しました。

Vengard Miningマシンからのハッシュレート

今後、Vengard Miningは、マレーシア、エチオピア、アンゴラ、パラグアイを含む新たな市場に進出し、100MWの大規模プロジェクトを目指して、0.04〜0.045米ドル/ kWhという低いエネルギー料金を実現することを目指しています。また、炭素排出量を削減するための再生可能エネルギーのソリューションを導入し、エネルギー効率を向上させるための冷却システムを強化しています。研究開発チームは、マイニング技術の進化と運用アルゴリズムの最適化に向けて継続的に取り組んでいます。印象的なことに、当社のマシンは最高839TH/sのハッシュレートを達成し、ハルビング後も390TH/s以上を維持しています。最新のパフォーマンスデータについては、ソーシャルメディアで更新情報をご確認ください。

次回のビットコイン半減期が近づくにつれて、供給が逼迫し、ビットコインの価値が上昇し、市場での競争力がさらに強化されることが予想されます。Vengard Miningは市場のトレンドを追うだけでなく、それを設定する積極的で戦略的な計画を実施しています。 アジアでの事業を中心に、グローバルな足場を拡大し、地元のコラボレーションを強化するため、新たな日本オフィスの開設を誇りに思います。この戦略的な拠点は、地域のパートナーやステークホルダーとの更なる連携を促進する中心的な役割を果たします。

     Vengard Miningは、日本で開催されたBITMAIN VIP CONFERENCEに出席しました。

我々は、分散型デジタル資産の生産の未来を推進するため、投資家、パートナー、暗号通貨エンスージアストの皆様をお招きして、次のクリプトマイニングの時代を形作ることを目指しています。詳細については、当社のウェブサイトhttps://www.vengardmining.com/をご覧ください。

連絡先:
ジョン・V・ウィグルスワース博士
最高執行責任者
[email protected]

Vengard Mining
東京都丸の内

革新、持続可能性、およびグローバルなデジタル通貨能力の向上に尽力するVengard Miningは、クリプトエコシステムを強化し、ステークホルダーに顕著なリターンを提供することにコミットしています。

©2024 Vengard Mining、全著作権所有。

Comments

タイトルとURLをコピーしました