インドの大学からの支援を受け、無線エネルギーハーベスティング技術の開発を進めるINFRGY

インドの大学からの支援を受け、無線エネルギーハーベスティング技術の開発を進めるINFRGY テクノロジー

現代社会は、気候変動による再生可能エネルギーの必要性が迫られています。この状況下で、画期的な技術革新が急務となっています。INFRGY社は、インドの優れた大学と協力し、独自の無線エネルギーハーベスティング技術を開発しています。この技術は、新たな解決策を提供する可能性を秘めています。

ウェブサイト: https://infrgy.tech/

INFRGYが無線エネルギーハーベスティングシステム試作モデル第一号を発表したことは、持続可能なエネルギー解決策への道のりにおける画期的な出来事です。この技術は大気中から収集したエネルギーと提供されたエネルギーを統合し、入力を上回る出力レベルを実現しています。このプロトタイプの成功テストは、カシミール大学技術研究所とのパートナーシップを通じて行われ、無線エネルギーハーベスティング技術が再生可能エネルギー分野に貢献する可能性を示しました。

INFRGYによるイノベーションの中心にあるのは、周囲の環境からエネルギーを収集し、それを利用して出力を増幅させる斬新なエネルギー転送方法です。この革新的なアプローチは、大気汚染や温室効果ガスの排出量増加に伴う再生可能エネルギーへの需要の高まりに対するソリューションとしての可能性を秘めています。さらに、効率的な無線エネルギー転送手段も提供しています。

インドの学術機関との協力、特にスリナガル国立工科大学での現在進行中のテストは、産業と学術界の連携が技術の進歩を促進する重要性を示しています。INFRGYは、これらの著名な大学の専門知識とリソースを活用することで、革新的な技術開発、さらにその展開を加速させることを目指しています。

創設者のパルベス・リシ(Parvez Rishi)のINFRGYの無線エネルギーハーベスティング技術に対するビジョンは、イノベーションのさらにその先を見据えています。同氏は、この技術がそのシンプルさとコスト効率の良さにより、広く利用可能になる未来を描いています。可動部品を使わないことと比較的安価な部品を利用することで、一気に多くの利用者を増やすことができるようになり、持続可能なエネルギーのソリューションが世界中のコミュニティからよりアクセスできるようになります。

このデバイスの効率的な発電メカニズムは、送信機から発せられる電波信号と周囲の環境からの電磁信号を活用しています。この革新的なアプローチは、エネルギーハーベスティング技術イノベーションの象徴であり、INFRGYデバイスはダイオード、コンデンサ、整流ブリッジなどの特許出願中のコンポーネントを組み合わせることで、優れたエネルギー転送効率を実現し、損失を最小限に抑えながら全体のエネルギー出力を増加させます。

INFRGYの画期的な技術は、単なるエネルギー転送を超えて広範囲に影響を及ぼしています。このイノベーションは、非再生可能な資源への依存を減らし、気候変動の影響を軽減することで、世界のエネルギー構図を変える可能性を秘めています。持続可能なエネルギー源への転換が急務となっている今、INFRGYの無線エネルギーハーベスティング技術には、より持続可能な未来を切り拓く期待が集まります。

ハワイ州元知事であり、アドバイザーを務めるジョン・ワイヒー(John Waihee)氏は、このような技術が再生可能エネルギーの多様化に重要な役割を果たす可能性があると考えます。同氏は次のように述べています。「気候危機に対処するために、幅広い技術を見つけ出すことが急務となっています。この無線エネルギーハーベスティング技術は他の形式の持続可能なエネルギー源とは一線を画すため、再生可能エネルギーポートフォリオで重要な役割を果たすことができます。

お問い合せ
INFRGY社
ミシェル・リー(Michelle Lee)
hcet.1721087451ygrfn1721087451i@ofn1721087451i1721087451

Comments

タイトルとURLをコピーしました