低酸素摂取が老化を遅らせる可能性を示す新たな研究結果 – 高地で暮らす人は長生きする

健康

酸素制限は、早く老化するマウスの寿命を延ばすのに役立ちます!
実験室分析は、酸素摂取量の減少が哺乳類の寿命を延ばす可能性があることを初めて示唆しています。

研究者たちは、酸素摂取量の減少、すなわち「酸素制限」が実験室のマウスの寿命延長と関連していることを初めて示し、その抗老化の可能性を強調しました。ロバート・ロジャース(Robert Rogers)は、米国ボストンのマサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)と同僚たちは、これらの結果をPLOS Biologyというオープンアクセスジャーナルに5月23日に発表した研究で提示しています。

健康な寿命を延ばすための研究努力は、メトホルミン(metformin)や食事制限などの薬剤や他の介入により、実験室の哺乳類動物で有望な効果を示すいくつかの化学物質を確認しています。酸素制限もイースト菌、線虫、果実蠅において寿命延長と関連してきました。しかし、哺乳類におけるその効果は不明でした。

哺乳類における酸素制限の抗老化の可能性を探るために、ロジャースと同僚たちは、他のマウスよりも早く老化し、全身的に哺乳類老化の典型的な兆候を示すように繁殖されたマウスで実験室実験を行いました。研究者たちは、通常の大気中酸素レベル(約21%)で生活するマウスの寿命と、4週齢で低い酸素含有量(11% – 5000m標高で経験するものと同様)の生活環境に移動されたマウスの寿命を比較しました。

彼らは、酸素制限された環境で生活するマウスが通常の酸素レベルで生活するマウスよりも約50%長生きし、中央値寿命が23.6週と15.7週であったことがわかりました。酸素制限されたマウスはまた、加齢関連神経学的欠陥の発症が遅れました。

以前の研究では、食事制限がこの新しい研究で使用された同じ種類の早く老化するマウスの寿命を延ばすことが明らかにされています。したがって、研究者たちは、酸素制限が単にマウスがより多く食べるようにして彼らの寿命を延ばしたかどうか疑問に思いました。しかし、彼らは酸素制限が食物摂取に影響を与えなかったことがわかり、他のメカニズムが働いていることを示唆しました。

これらの結果は、哺乳類、おそらく人間を含む酸素制限の抗老化の可能性を支持しています。しかし、その潜在的な利点を明確にし、それが作動する分子メカニズムを明らかにするためには、広範な追加研究が必要です。

ロジャースは、「私たちは、慢性的な持続的な低酸素症(11%酸素、エベレスト基地キャンプで経験するものと同等)がマウスの老化モデルで寿命を50%延ばし、神経学的障害の発症を遅らせることがわかりました。カロリー制限は寿命と健康寿命を増加させる最も広く効果的でよく研究された介入ですが、「酸素制限」が哺乳類老化モデルで有益であることが初めて示されました」と述べています。

Comments

タイトルとURLをコピーしました