「顔面輪郭成形術」多角的分析を通したデザインで自然な輪郭に

オヌル美容整形外科 クァク·インス院長 経済

屋外屋内でのマスク着用が解除され、美容整形外科を訪れる人が増加している。これまではマスクで隠せていたが、人前でマスクを外す機会が増えたことで輪郭手術への関心が高まっていると分析される。 

顔面輪郭形成術とは、頬骨・エラ・顎先などフェイスラインを整えるため、輪郭の土台である骨を縮小したり形を整える手術である。 輪郭手術は骨を切除したりと難易度が高い手術なだけに、高度な専門知識を必要とし、解剖学的知識を持った豊富な臨床経験のある整形外科専門医に手術を受けることが重要である。

輪郭手術を検討しているならば、事前に精密検査を行なった上で的確なカウンセリングを受ける必要がある。輪郭手術を受ける際、肉眼と触診のみで判断するのではなく、骨や軟部組織をはじめ神経線の位置等一つ一つ確認するために、3D-CT撮影を行なった上での精密診断が必要である。

また自然な輪郭を形成するためには、骨格の状態を正面・側面、多角的に分析し、顎の長さ、骨の大きさ、骨の厚さ等の様々な要素を分析しなければならない。どの角度から見ても自然で左右対称の輪郭に整えるためには正確度が重要である。

輪郭手術の際に注意しなければいけない事は、骨をたくさん削る‘切除量’に執着してはいけないという点だ。骨を無条件に沢山削ったからと言って理想な輪郭になる訳ではない。一度削り取った骨は元に戻らず、輪郭手術で失敗すれば復元が容易ではない。

それだけでなく、輪郭(骨)の状態は個人によって異なり、皮質骨・骨の厚さや大きさなど個人差があるため、切除する量に焦点を合わせるのではなく、一人一人に合った個別デザインを行い、必要な量だけ切除して自然な結果を引き出すことが重要である。

オヌル美容整形外科、クァク·インス院長は「輪郭手術は、骨・軟部組織・神経など様々な要素を考慮した上で手術計画を樹立し、個別デザインを適用する必要がある、高難易度の整形手術」「手術経験が豊富である輪郭形成専門医が直接カウンセリングから手術、術後ケアまで一貫して担当している信頼できる医療機関を選択することが重要である」と助言した。

<オヌル美容整形外科 クァク·インス院長>

お問い合わせ先
日本語可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Email: moc.l1721089840iamg@1721089840aerok1721089840splun1721089840o1721089840
Company: オヌル整形外科皮膚科
Contact: 日本人カウンセラー
Phone : +82-10-6208-3312
Site:https://twitter.com/onulpsjapan

Comments

タイトルとURLをコピーしました