SECが暗号通貨起業家ジャスティン・サン氏とその企業を詐欺と証券法違反で告発

TRON経済

今日(2023年3月23日)、米国証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨プラットフォームTronの創設者であるジャスティン・サン氏(孙宇晨)と彼の企業を、詐欺と証券法違反で告発しました。告発は、サン氏が2017年に行ったTronの未登録ICOに関連しています。このICOは7,000万ドル以上を調達しました。

SECのプレスリリース[1]によると、サン氏と彼の企業は、Tronのビジネス関係や提携、ICOの収益の使途について投資家を誤誘導しました。さらに、サン氏と彼の企業は、協調した取引と虚偽の公式発言によって、Tronの暗号通貨であるTRXの価格を人工的に膨らませる市場操作にも関与したとされています。

SECの執行部長であるステファニー・アバキアン氏は、「投資家は投資決定をする際に正確で真実の情報を持つ権利があり、サン氏と彼の企業はそれを剥奪した」と述べています。SECは、不正に得た利益の返還、金銭的罰則、サン氏と彼の企業に対する永久的な差止命令を求めています。

サン氏が法的問題に直面するのは、これが初めてではありません。彼は2020年にデジタル資産を不法に配布したとして告発され、中国のソーシャルメディアプラットフォームWeiboから追放されました。また、億万長者のウォーレン・バフェットとの高い関心を集めた昼食会をキャンセルしたことでも論争を引き起こしました。

SECによるサン氏と彼の企業に対する告発は、ICOや暗号通貨関連の投資が証券法や規制の対象であることを再度思い出させるものです。投資家は、この種の資産に投資する前に注意を払い、専門家に相談するこらを強く呼びかけています。SECは、このような詐欺行為を摘発し、市場の健全性を維持するために、引き続き監視を続けると述べています。

【参考文献】

  • [1] SEC Charges Crypto Entrepreneur Justin Sun and his Companies for Fraud and Other Securities Law Violations, March 23, 2023.

Comments

タイトルとURLをコピーしました